ベランダ防水は、5年毎のメンテナンスが長持ちさせる秘訣です!!

木造住宅のベランダのFRP防水には定期的なメンテナンスが必要な事知ってましたか?

こんにちは。先日MIMOZAモデルハウスの2階ベランダ防水の定期メンテナンスを行いました。

モデルハウスのベランダ防水は「FRP防水」となってます。新築時に防水材にガラス繊維を敷き込み、最後にトップコートという防水材で表面を保護します。

そんなトップコートですが、日光や雨の掛かり具合などで劣化をしていきますので、出来れば5年毎にトップコートの塗替えをすることで、FRP防水の性能を永く保つことが出来るんです。実際5年でどうにかなることは、下地が悪かったり防水前にケイカル板が濡れてしまったりしていなければ、余程ありません。

しかし10年以上放っておいて、トップコートの下のガラス繊維の層まで劣化してしまうと、その層からの遣り替えにより、コストも期間も掛かりますので、5年毎のメンテナンスをオススメします!!

6年経過したモデルハウスのベランダ

手順1:グラインダーを使っての下地処理

手順2:密着を良くする為のシーラー塗装

手順3:保護と美観の為のトップコート塗装

完成すると、新築の時と変わりません♪

定期的なメンテナンスが、お家を長持ちさせる秘訣ですので、皆さんもご自宅の防水が何年経過したのか気にしてみて下さい!

関連記事

PAGE TOP